Blog

Blog | ‘Cove’ Star Urges Dolphin-Watching, Not Killing (Associated Press)

‘Cove’ Star Urges Dolphin-Watching, Not Killing (Associated Press)

August 28, 2011 by Ric O'Barry, Earth Island Institute

 

'Cove' Star Urges Dolphin-Watching, Not Killing

 
 
By YURI KAGEYAMA Associated Press
The star of the Oscar-winning movie about dolphin-killing in Japan had only praise for a small island off the eastern coast that thrives on snorkeling with dolphins, and he urged the rest of the country to follow that example.

日本のイルカ漁を扱った映画でオスカー受賞の経験を持つスター、リック・オバリー氏は、日本の東に位置するある島でイルカと一緒にシュノーケリングを楽しみ、今はその産業について、他の地域からの賛同を求めている。

Ric O'Barry was heading to Taji, the southwestern town made notorious in the documentary "The Cove," where the annual dolphin hunt is set to start Sept. 1. But he stopped along the way at the island of Miyakejima for a look at how dolphins can be spared and used for tourism.

"It's very encouraging to see people celebrating dolphins, respecting dolphins, and I'm all for that," O'Barry said Friday. "We support them all the way."
 

リック・オバリー氏はドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」が撮影された太地町で毎年9月1日に行われるイルカ漁解禁日に合わせて、太地町入りを予定している。しかしその前に、三宅島で野生イルカが観光資源として活用されている様子を実際に見に行ったのだった。先週金曜日オバリー氏はこう語った。「現地でイルカと人間がお互いに尊重しあって共存している様子をみて勇気が出た。私はこの活動に賛同しています。」 

Chikara Atsuta, an official with the tourism agency at Miyakejima, said he welcomed O'Barry's praise, and expressed hopes more people from abroad would visit the island of 2,700 people, 180 kilometers (110 miles) south of Tokyo.


"I feel so grateful," he said. "We do not hunt dolphins."
 

Miyakejima's dolphins live in the area so residents have even given them names. In contrast, dolphins are migratory in Taiji and so the same kind of dolphin-watching would be difficult to duplicate.
 

三宅島観光局の熱田ちからさんは、オバリー氏の訪問を歓迎し「この産業がもっと広まって、この東京から180キロしか離れていない、人口2,700人のこの島により多くの観光客が誘致できる事を期待する」と述べた。「イルカを獲ることはしません。」とも述べている。
三宅島に生息するイルカたちは、その地域で生活しており、愛称(名前)もつけられている。反対に太地町のイルカは移住性で生息しているので、三宅島のイルカのように観光にするには、難しい部分もある。
 
 But O'Barry urged Taiji to turn to whale-watching and other forms of tourism that are kinder to animal life.

しかし、オバリー氏は太地町に対して、クジラ・ウォッチングや他のやり方で、動物に優しい観光を作り上げていく事を提唱。
 

O'Barry said he will lead a prayer ceremony in Taiji for people who have died in the March 11 earthquake and tsunami disaster and for the dolphins about to die in the hunt. He is traveling by bus with two dozen people who are all dolphin-lovers, he said.


Wakayama Prefectural police have said some 100 riot police are carrying out drills to prepare for possible confrontation with activists as the annual dolphin hunts begins, including chasing boats and making arrests.
 

オバリー氏は今回の太地町訪問で、3月11日の大地震で命を落とした方はもちろん、イルカ漁で殺されたイルカに対しての慰霊を執り行う予定。当日は、彼に賛同する約24名のサポーターと一緒に、バスで入り江に向かう予定。和歌山県警は、これらの動きに対して、約100名もの警備をひいて、活動家との現地での混乱に対して強行に警備する構えだ。
 
Members of conservationist group Sea Shepherd have carried out protests and tried to set captured dolphins free. But O'Barry and his team, who visit Taiji regularly, have not engaged in violent behavior.


O'Barry was an expert at training dolphins, such as the ones for the 1960s "Flipper" TV series, until he had a change of heart and instead devoted his life to saving dolphins.
 

同時にシーシェパードらの活動家は、当日のイルカ漁に際して、獲られたイルカを開放させるべく何らかの措置をとる構えだが、オバリー氏や彼に賛同する人々はそのような過激な活動に一切関わったことはない。
 
Japan, which defends its dolphin hunt as part of culinary culture, allows about 20,000 dolphins to be caught each year, but very few Japanese have ever eaten dolphin.
 

日本では、毎年食文化の一つとして2万頭のイルカを捕獲してもよいという条例のもとでイルカ漁が継続されているが、ほとんどの日本人がそのイルカ肉を食したことはないと言われてる。
 
Only about 2,000 dolphins are caught in Taiji every year. But the slaughter, as captured in "The Cove," directed by Louie Psihoyos, is so striking that the town has become synonymous with the practice.


In that film, fishermen on boats scare dolphins into a small cove and bayonet them. The dolphins writhe in pain and turn the waters red with blood.
"We come in peace," O'Barry told The Associated Press. "We come here to support the economy. We are spending our money."
 

その中でも太地町では、2000頭しか捕獲されていないが、ルイ・シホヨス監督が手がけた「ザ・コーヴ」にはあまりにも残忍な映像が描き出されている。
この映画の中では、イルカ達が脅されながら入り江囲い込まれ、海が赤く血で染まるようなシーンが含まれている。AP通信に対して、オバリー氏は「私たちは平和的な解決を目指している。私たちは、日本の経済をサポートしようとしている。自分達のお金で、太地町にお金を落としている。」と述べた。

Share |